コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザイヌル・アービディーン Zayn al-`Ābidīn, `Alī ibn Ḥusayn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザイヌル・アービディーン
Zayn al-`Ābidīn, `Alī ibn Ḥusayn

[生]658頃
[没]712/713
イスラム教シーア派第4代イマーム (教主) 。第4代正統カリフ,アリーの孫。 680年カルバラーで父フサインと一族の多くが殺された際,病床にあったため助かったという。シーア派信徒の尊崇を受け,ザイヌル・アービディーン (信徒の飾り) の称号を得た。 712/3年,毒殺されたと伝えられ,その墓はメディナにある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ザイヌル・アービディーンの関連キーワードフィリピクス・バルダネス唐の時代(年表)秋田(県)サルゴン2世南岳懐譲有間皇子越前国有間皇子サモ国万葉集

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android