コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザガジグ

世界大百科事典 第2版の解説

ザガジグ【Zagazig】

エジプト北部,ナイル・デルタの東辺にある都市。シャルキーヤ県県都で人口28万7000(1992)。アラビア語で正しくはザカージークal‐Zaqāzīq。地名の由来はイスラム時代ザクズーク一家が住みつき村落を形成したことから出ているが,都市としての発展を示すのは近代になってからである。ムハンマド・アリー朝の時代に綿作のために建設された灌漑水路の結節点にあたり,デルタの付け根であるため交通の便にも恵まれ,デルタ地方の商工業の中心となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ザガジグの関連キーワードムハンマド・アリー朝ムハンマド・ムルシナイル・デルタスエズ運河モルシ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android