ザックス(読み)ざっくす(英語表記)Hans Sachs

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザックス(Hans Sachs、細菌学者)
ざっくす
Hans Sachs
(1877―1945)

ドイツの細菌学者。カトビーツェに生まれ、フライブルク、ブレスラウ、ベルリンの各大学で医学を学び、1900年ライプツィヒ大学を卒業。1920~1936年ハイデルベルク大学教授。免疫学、血清学、化学療法などに関する多くの論文を発表した。とくに1918年ゲオルギーWalter Georgi(1887―1920)と発表した「ザックス‐ゲオルギー反応」とよばれる梅毒血清反応は梅毒の診断に貢献した。[藤野恒三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ザックスの関連情報