コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザバレラ ザバレラZabarella, Jacopo

1件 の用語解説(ザバレラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザバレラ
Zabarella, Jacopo

[生]1533.9.5. パドバ
[没]1589.10.15. パドバ
イタリアの論理学者,自然哲学者。 1564年パドバ大学教授。アリストテレス解釈ではアベロエス派およびアレクサンドル派の中間に位置したが,信仰については当時のヒューマニストたちと同様,ローマ教会教義に服した。理性の問題については教会教義を問題にせず,思惟の独立性と自由とを人間の統一を保持するものと考えた。また能動理性の超越を否定し,各人に受動理性だけがあるとした。また推理に適用した合成的方法と分解的方法は,のちの演繹法,帰納法に相当し,経験を重んじるその方法は当時の卓見である。主著『論理学』 Logicae (1587) ,『自然物について』 De rebus naturalibus (89) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ザバレラの関連キーワード月舟寿桂小鳥峠軽岡峠文書偽造罪成瀬ダム朝倉義景イワンインカ帝国ウィレムエリザベス

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone