演繹法(読み)えんえきほう

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

演繹法

前提となる事柄をもとに、そこから確実に言える結論を導き出す推論法のこと。帰納法対義語で、演繹的推論ともよばれる。 例えば、次のような推論が演繹法に当てはまる。 (a)『竜馬がゆく』の著者は『坂の上の雲』の著者と同一人物である(前提1) (b)『坂の上の雲』の著者は司馬遼太郎である(前提2) (c)ゆえに、『竜馬がゆく』の著者は司馬遼太郎である(結論) ここでは、すでにわかっている2つの前提(a)と(b)から(c)の結論を導き出している。演繹法では、前提となる事柄がすべて正しいと認められれば、そこから必ず正しい結論を導き出すことができる。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

えんえきほう【演繹法】

演繹による推理の手続き。代表的なものに三段論法がある。 ⇔ 帰納法

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

えんえき‐ほう ‥ハフ【演繹法】

〘名〙 演繹による推理の方法。代表的なものに三段論法がある。演繹的方法。演繹的推理。⇔帰納法。〔哲学字彙(1881)〕
[語誌]→「演繹」の語誌

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

演繹法の関連情報