コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザルカーリー ザルカーリーal-Zarqālī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザルカーリー
al-Zarqālī

[生]1029頃
[没]1087頃
スペインの天文学者。イスラム教徒。ラテン名はアルザケル Arzachel。天体観測の記録『トレド天文表』の製作者として有名。サフィーハと呼ばれる新しい天体観測器具の発明などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザルカーリー
ざるかーりー
Ab Isa Ibrhm ibn Yay al-Naqqsh al-Zarql
(1029?―1087?)

スペインで活躍したイスラムの優れた天文観測家。コルドバ出身。ラテン名はアルザケルArzachelという。観察器具アストロラーベの新種(平面を意味するサフィハsafa)を考案し、その解説はラテン語、ヘブライ語その他に翻訳された。恒星に関する太陽の遠地点運動をはっきり証明した最初の人である。だがその計算は間違っており(正しくは12度4分)、その間違いは黄道傾斜と比較しての計算でさらにひどくなった。彼の多数の観測は、いわゆる『トレド表』を編集するために利用されたが、この表には、彼の観測のほか、トレド在住のイスラム系やユダヤ系の天文観測家たちの成果も使われたらしい。表の序文には彼の精細な三角法の解説がある。この表もラテン語に翻訳された。[平田 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ザルカーリーの関連キーワードアル・ザルカーリー

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android