コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄道傾斜 コウドウケイシャ

デジタル大辞泉の解説

こうどう‐けいしゃ〔クワウダウ‐〕【黄道傾斜】

天球上の赤道面黄道面のなす角。約23度26分。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

黄道傾斜【こうどうけいしゃ】

赤道面と黄道面がなす角度。国際天文学連合が採用している値は2000年のときに23度26分21.448秒。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうどうけいしゃ【黄道傾斜 obliquity】

天球上で赤道と黄道が春分点と秋分点で交わっており,赤道面と黄道面との角度が黄道傾斜である。国際天文学連合によって採用されている値は1900年のときに23度27分8.26秒で,1年当り0.46845秒この値が小さくなる。また月の引力による章動のため周期的に変化し,その最大のものは振幅9.2秒で周期は約18.6年である。【古川 麒一郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

黄道傾斜の関連キーワードカッシーニ(Giovanni Domenico Cassini)ティコ・ブラーエコペルニクスアルマゲストザルカーリーバッターニー黄道傾角

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android