コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザルツブルク州 ザルツブルクSalzburg

翻訳|Salzburg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザルツブルク〔州〕
ザルツブルク
Salzburg

オーストリア中部の州。州都ザルツブルク。ドイツのバイエルン州と境を接する。州域の 90%がアルプスの山地となっており,集落はザルツァハ川などの谷筋にある。土地利用は森林のほかは高原の牧場や牧草地が多く,肉牛飼育と酪農が行われる。銅,銀,岩塩など鉱産物の産出があり,先史時代からの人類居住地が多い。 13世紀末から一帯がザルツブルク大司教領に属し,1816年オーストリアに編入。 1918年,連邦州の一つとなった。ビショッフスホーフェン付近の銅鉱,ハライン付近の岩塩の採掘は現在も行われている。工業生産はレントのアルミニウム工業を除けば,大部分がザルツブルク盆地に集中。ビール,繊維製品,皮革,オルガンなどを生産する。ウィンタースポーツを含む観光業も重要。面積 7154km2。人口 48万 3880 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ザルツブルク州の関連キーワードテオドール グシュルバウアーグロースグロックナー[山]ザルツブルク市街の歴史地区オーバーエスターライヒ州ベルンハルト グルーバーホーエ・タウエルン山脈ペーター シュナイダーグロースグロックナーザルツカンマーグートルネ フレミンググシュルバウアーバートガスタインヨセフ クラウスツェルアムゼーゲトライデ通りエンス川チロル州ムール川

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android