コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェムセッディン・サーミー シェムセッディン・サーミーŞemseddin Sâmî, Fraşeri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェムセッディン・サーミー
Şemseddin Sâmî, Fraşeri

[生]1850. ヤニヤ
[没]1904. イスタンブール
オスマン帝国末期の文学者,言語学者。ヤニヤ州の地主の息子。幼時よりギリシア語をはじめとして,数ヵ国語を学ぶ。 1872年イスタンブールに出て内務省の出版局員となり,そのかたわら新聞に翻訳や小説を発表。一時反政府運動のかどで地方に追放される。著作面では『フランス語・トルコ語辞典』 Kâmûs-ı Fransevî,『トルコ語集成』 Kâmûs-ı Türkîなどのすぐれた業績を残した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シェムセッディン・サーミーの関連キーワード日露戦争史(年表)逃亡奴隷法日露戦争ロシア革命テーラーゴールド・ラッシュ縮合小泉八雲小泉八雲小泉八雲

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android