コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テーラー Taylor, Alfred Edward

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テーラー
Taylor, Alfred Edward

[生]1869.12.22. ウンドル
[没]1945.12.31. エディンバラ
イギリスの哲学者。エディンバラ大学道徳哲学教授。オックスフォード大学で新ヘーゲル学派の F.ブラッドリーに師事。初めはその批判的観念論の立場に立ったが,やがてこの立場が発展の思想を世界観の基礎にしていることを批判し,新スコラ学の立場に移った。哲学史の分野ではプラトン哲学に傾倒,その研究に努めた。主著『行為の問題』 The Problem of Conduct (1901) ,『哲学者としての聖トマス・アクィナス』 St. Thomas Aquinas as a Philosopher (24) ,『一道徳家の信条』 The Faith of a Moralist (2巻,30) 。

テーラー
Taylor, (James) Bayard

[生]1825.1.11. ペンシルバニア,ケネットスクエア
[没]1878.12.19. ベルリン
アメリカの旅行記作家,詩人,小説家。 1844年処女詩集『ジミーナ』 Ximenaを発表。2年間のヨーロッパ旅行に出て旅行記『歩いて見たヨーロッパ』 Views Afoot (1846) を出版,一躍有名になった。このほかニューヨークの『トリビューン』紙の通信員としてゴールド・ラッシュのカリフォルニアを取材した見聞記『エルドラド』 Eldorado (50) ,ペリー提督の遠征に加わって日本などを訪れたときの旅行記『1853年のインド,中国,日本訪問』A Visit to India,China,and Japan,in the Year 1853 (55) などを発表した。その後『ハナ・サーストン』 Hannah Thurston (63) 以下数編の小説を出し,またコーネル大学でドイツ文学を講じ (69~77) ,ゲーテの『ファウスト』を翻訳 (2巻,70,71) 。 78年ドイツ駐在公使に任命されたがまもなく死亡した。

テーラー
Taylor, Brook

[生]1685.8.18. ミドルセックスエドモントン
[没]1731.12.29. ロンドン
イギリスの数学者。ケンブリッジ大学で数学を専攻。 1708年振動の中心に関する問題の画期的解法を得たが,14年まで公表されなかった。 15年主著『増分法』のなかで,関数の級数展開についての「テーラーの定理」が発表された。この本は差分法を数学の一つの領域として確立した点においても忘れることができない。応用面では振動する弦の形を決定するための方程式を導き,『透視図法』 (1715) のなかで独創的な画法の原理を述べている。 12年ロンドン・ロイヤル・ソサエティ会員。同年,ニュートンライプニッツの微積分発見の優先権紛争を裁定する委員会の委員になる。 15年以後彼の研究は哲学的,宗教的なものに向った。

テーラー
Taylor, David Watson

[生]1864.3.4. バージニア,ルイザカウンティ
[没]1940.7.28. ワシントンD.C.
アメリカの造船技術者,航空機設計家。アナポリス海軍兵学校とイギリスの王立海軍大学を最優秀の成績で卒業したのち,船舶の構造の研究に従事。とりわけ独自の方法による船体の諸特性と水中抵抗の関係の研究は,その後の船舶工学の発展に寄与するものであった。アメリカ海軍の艦船,潜水艦,飛行艇建造の責任者として活躍 (1914~22) 。また航空諮問委員会の委員を 15年間つとめた。 1917年海軍少将。著書に『船の速さと推力』 Speed and Power of Ships (10) がある。

テーラー
Taylor, Edward

[生]1642頃.スケッチリー
[没]1729.6.24. マサチューセッツ,ウェストフィールド
アメリカの詩人,牧師。イギリスに生れ非国教徒としての信仰を貫くためニューイングランドに移住,ハーバード大学卒業後,牧師として当時辺境であったウェストフィールドに赴任,そこで生涯を終えた。四つ折判 400ページに及ぶ詩稿は長く日の目を見ず,1883年エール大学に寄贈され,1939年トマス・H・ジョンソン編の選集『エドワード・テーラー詩集』 The Poetical Works of Edward Taylorが出版されるや,植民地時代のアメリカにおける最大の詩人とみなされるにいたった。 17世紀イギリスの形而上詩人から影響を受けた宗教詩が多い。

テーラー
Taylor, Elizabeth

[生]1912
[没]1975
イギリスの女流作家。人生の寂しさを好んで描く。『港の眺め』A View of the Harbour (1949) ,『クレアモントのパルフリー夫人』 Mrs. Palfrey at the Claremont (71) などがある。

テーラー
Taylor, Dame Elizabeth

[生]1932.2.27. イギリス,ロンドン
[没]2011.3.23. アメリカ合衆国,カリフォルニア,ロサンゼルス
アメリカ合衆国の映画女優。フルネーム Elizabeth Rosemond Taylor。1942年,メトロ=ゴールドウィン=メイヤー MGMにスカウトされて映画界入りし,『家路』で 10歳にしてデビュー。少女スターとして活躍,「リズ」の愛称で親しまれる。『陽のあたる場所』(1951),『ラプソディー』(1953)など数々の作品にも恵まれ,成長とともにハリウッドのトップスターの座についた。『バターフィールド8』(1960),『バージニア・ウルフなんかこわくない』(1966)で 2度アカデミー主演女優賞受賞。晩年,エイズ研究財団の代表を務めるなど社会問題にも積極的に取り組んだ。2000年にデイムに叙された。

テーラー
Taylor, Frederick Winslow

[生]1856.3.20. フィラデルフィア
[没]1915.3.21. フィラデルフィア
アメリカの機械技師。テーラー・システムの創始者。 1874年フィラデルフィアの小機械工場の徒弟となり,78年ミッドベール・スチールに入り,累進して技師長になる。 89年同社を退社し,翌年マニュファクチュアリング・インベストメントの総支配人となり,自己の経営管理理論を実践した。 93年同社退社後は多数の企業の経営コンサルタントとして活躍した。工場の組織的怠業に対する対策として,95年アメリカ機械技師協会のデトロイト大会で,『一つの出来高給制度』A Price-Rate Systemを発表,1901年以降はもっぱらテーラー・システムの普及に努めた。 03年『工場管理論』 Shop Managementを発表,06年アメリカ機械技術協会の会長となった。また発明家としても著名で,40以上の特許をもっていた。主著『金属切削法』 On the Art of Cutting Metals (1906) ,『科学的管理法』 The Principles of Scientific Management (11) のほか論文多数。

テーラー
Taylor, Sir Geoffrey Ingram

[生]1886.3.7. ロンドン
[没]1975.6.27. ケンブリッジ
イギリスの気象学者,物理学者。ケンブリッジ大学に学ぶ。ケンブリッジ大学および王立研究所教授。気象学,弾性学,塑性論(とりわけ結晶の転位論)の研究に加え,特に有名なのは流体力学の研究である。乱流渦度伝達理論(→渦度)および等方性乱流理論の提唱などで知られる。1944年ナイトの称号を与えられ,1969年メリット勲章を受章した。

テーラー
Taylor, George

[生]1716. 北アイルランド
[没]1781.2.23.
アメリカ植民地時代の製鉄業者,政治家。アメリカ独立宣言署名者の一人。 1736年頃ペンシルバニアに移住し,54年頃バックス郡に溶鉱炉を建設。 74~76年ペンシルバニア植民地議会議員。アメリカ独立革命に際しては穏健な急進派として,大陸会議へのペンシルバニア代表 (1776~77) となった。

テーラー
Taylor, James Hudson

[生]1832.5.21. バーンズリー
[没]1905.6.3. 長沙
イギリス国教会宣教師。超教派の「中国内地伝道会」 China Inland Mission (のちの Overseas Missionary Fellowship) の創立者。 1854年中国に渡り,健康を害して数年帰国したのち再び渡中,終生キリスト教伝道に献身した。中国名,戴雅各 (徳生) 。主著『中国,その霊的必要と要求』 China; Its Spiritual Need and Claims (1865) 。

テーラー
Taylor, Jeremy

[生]1613.8.15. 〈洗礼〉ケンブリッジ
[没]1667.8.13. リズバーン
イギリスの聖職者,著述家。ケンブリッジ大学で学んだのち聖職につき,特色のある説教によって大主教ロードに認められた。チャールズ1世の宮廷付き牧師となり,清教徒革命の際には捕えられ,釈放後ウェールズで隠遁生活をおくり,ここで名作『聖生論』 The Rule and Exercises of Holy Living (1650) ,『聖死論』 The Rule and Exercises of Holy Dying (51) を執筆した。王政復古後アイルランドのドローモアの主教となった。

テーラー
Taylor, John

[生]1580
[没]1653
イギリスの詩人。海軍を退いてからテムズ川の船頭となり,風変りな船旅行をして,旅行記や詩をパンフレットの形で発表,宮廷や上流社会の人気を得,「水の詩人」 Water-Poetとして親しまれた。

テーラー
Taylor, Joseph

[生]1585頃
[没]1652.11.4. ロンドン
イギリスの俳優。 1619年国王一座に加わり,R.バーベッジの跡を継いで,ボーモント=フレッチャーらの作品の二枚目を演じた。ハムレットイアーゴー,J.ウェブスターの『モルフィ公爵夫人』のファーディナンドなどを好演。また H.コンデルと J.ヘミングの没後は,同座の経営にもたずさわった。

テーラー
Taylor, Maxwell Davenport

[生]1901.8.26. アメリカ,モンタナ,キーツビル
[没]1987.4.19. アメリカ,ワシントンD.C.
アメリカの陸軍軍人。 1922年ウェストポイント陸軍士官学校卒業。第2次世界大戦勃発直後,アメリカで初めて空挺師団 (空挺部隊 ) をつくった。ノルマンディー上陸,オランダ進攻作戦で第 101空挺師団長。 53年第8軍司令官として朝鮮で国連軍を指揮,55~59年陸軍参謀長,59年退役。『定かならぬラッパの響き』 The Uncertain Trumpet (1959) を著わして大量報復戦略を批判,柔軟反応戦略を提唱した。 62~64年統合参謀本部議長となり,ベトナム情勢が悪化した 64~65年ベトナム駐在大使,65~69年大統領特別顧問をつとめた。

テーラー
Taylor, Paul Belville

[生]1930.7.29. ピッツバーグ
アメリカの舞踊家,振付師。身長約 190cmの体格を生かして,水泳と美術の奨学金を得てシラキュース大学に学んだ。在学中の 1951年舞踊を始め,D.ハンフリー,M.グラハムらに師事。 54年自身の舞踊団を組織して『三つの墓碑銘』を作り,一躍脚光を浴びた。以来,アメリカのモダン・ダンスを代表する振付師として,『塔』 (1957) ,『タブレット』 (60) ,『オリオール』 (62) ,『スクドラマ』 (63) ,『エスプラナード』 (75) などを次々と発表。人間関係,社会の表と裏,偽善を扱ったコミカルな作風で創作を続け,世界各地を巡演した。同時に M.グラハム舞踊団のソリストとして主要な作品のすべてを踊った。

テーラー
Taylor, Robert

[生]1911.8.5. ネブラスカ,フィリー
[没]1969.6.8. カリフォルニア,サンタモニカ
アメリカの映画俳優。本名 Arlington Brough。 1930~40年代の二枚目スター。 50年代以降はアクション映画に活躍。出演作品『哀愁』 (1940) など。

テーラー
Taylor, William

[生]1821.5.2. ロックブリッジ
[没]1902.5.18.
アメリカのメソジスト派宣教師。 1843年にメソジスト監督教会に入会,47年に牧師となり,49年カリフォルニアに伝道のため送られたが,56~61年にアメリカとカナダ,62年にイギリス,63年にオーストラリア,64年に西インド諸島,70~75年にインド,その後も南アメリカ,南アフリカを数回訪れ伝道を続け,多くの伝道記録を残した。主著『サンフランシスコでの7年間の街頭伝道』 Seven Year's Street Preaching in San Francisco (1856) 。

テーラー
Taylor, Zachary

[生]1784.11.24. バージニア,モンテベロ
[没]1850.7.9. ワシントンD.C.
アメリカの政治家。第 12代大統領 (在任 1849~50) 。 1808年陸軍に歩兵中尉として入隊。アメリカ=イギリス戦争中,北西部地方のインディアンの討伐に従った。 45年テキサスが併合されたとき,その南境に沿って布陣した駐屯軍の司令官となり,46年にアメリカ=メキシコ戦争のきっかけをつくり,パロアルトの戦い,レサカデラパルマの戦いでメキシコ軍を破ったのちカリフォルニアに向いモンテレーを占領した。 47年にもブエナビスタの戦いでメキシコ軍を破り,輝かしい勝利を収めた。しかし民主党の大統領 J.ポークや陸軍長官ら戦争指導部と意見の食違いが生じた。彼は戦勝で得た名声を背景にホイッグ党から大統領候補に指名されて当選,49年大統領に就任。カリフォルニアのゴールド・ラッシュに伴い,カリフォルニアの連邦加入問題に直面したが,就任後1年4ヵ月で急死。

テーラー
Taylor, Charles Ghankay

[生]1948.1.27. リベリア
リベリアの政治家,反政府活動指導者。大統領(在任 1997~2003)。1990年代にリベリアに内戦を起こし壊滅的被害をもたらした張本人とみられている。父親は判事で,アメリカ合衆国の解放奴隷の子孫であるエリート階級。アメリカの大学に留学し,1977年経済学で学士号を取得。その後ドウ政権下で官僚を務めたが,1983年,約 100万ドルの公金横領罪でドウ政権に告発され,翌 1984年アメリカに逃亡した。アメリカで逮捕,投獄されたが送還前に逃亡,リビアに渡って反政府武装組織リベリア国民愛国戦線 NPFLを結成した。NPFLは 1989年末リベリアに侵攻,1990年首都モンロビアに到達したが,権力を奪うことはできず,武装勢力同士の残忍な内戦へと発展した。1996年に停戦協定が結ばれ,翌 1997年7月に大統領選挙が行なわれると,テーラーは,不正を非難されたものの 75%の得票率で勝利した。大統領に就任後,軍の構成員を NPFLのメンバーと入れ替えて再編成をはかり,反大統領派との戦闘がその後も続いた。国際的には,シエラレオネの反政府勢力を支援していると非難され,テーラーは国際連合が設置した国際戦争犯罪法廷で起訴された。2003年大統領を辞任しナイジェリアに亡命したが,2006年リベリアに身柄を引き渡され,人道に対する罪と戦争犯罪で起訴,シエラレオネ特別法廷で裁判に付されるためオランダのハーグに移送された。2012年4月26日シエラレオネ特別法廷で有罪判決がくだされ,5月30日に禁錮 50年の刑が言い渡された。

テーラー
Taylor, Charles

[生]1931.11.5. モントリオール
カナダの政治哲学者。フルネーム Charles Margrave Taylor。1952年マギル大学で歴史学の学士号を取得後,ローズ奨学生としてイギリスのオックスフォード大学で学び,1955年哲学の学士号を取得,1961年哲学博士となった。同 1961年カナダに帰国,オックスフォード大学チチェリ社会政治理論講座の教授を務めながら,1997年までマギル大学教授。英語圏におけるゲオルク・W.F.ヘーゲル研究の復活を指導するとともに,解釈学や現象学といった 20世紀大陸哲学を取り入れた独自の政治哲学を展開している。2007年「スピリチュアルな実在に関する研究と発見の進展のためのテンプルトン賞」をカナダ人として初めて受賞。主著『ヘーゲル』Hegel (1975) ,『ヘーゲルと近代社会』Hegel and Modern Society (1979) 。

テーラー
Taylor, Richard E.

[生]1929.11.2. メディシンハット
カナダの物理学者。フルネーム Richard Edward Taylor。1950年アルバータ大学を卒業,1962年アメリカ合衆国のスタンフォード大学で博士号を取得。カリフォルニア大学ローレンス・バークリー研究所に約 1年勤務したのち,1962~68年スタンフォード線形加速器研究所(→SLAC国立加速器研究所)研究員。1968年スタンフォード大学助教授,1970年同大学教授。スタンフォード線形加速器研究所において,ジェローム・アイザック・フリードマン,ヘンリー・ウェイ・ケンドールとともに原子核による散乱実験に取り組み,1975年に陽子中性子の内部には硬い点状の芯があるのを観察,これがカリフォルニア工科大学のチームによって 1964年に提唱されていた基本粒子クォークであると結論づけた。それまで理論的な存在でしかなかったクォークを実験的に明らかにした業績により,1990年フリードマン,ケンドールとともにノーベル物理学賞を受賞。

テーラー
Taylor, Joseph H.Jr.

[生]1941.3.24. ペンシルバニア,フィラデルフィア
アメリカの天体物理学者。 1968年ハーバード大学で天文学の博士号を取得。マサチューセッツ大学教授を経て 80年プリンストン大学に移り,86年ジェームズ・S・マクダネル記念教授に就任。マサチューセッツ大学時代,彼のもとで学ぶ大学院生の R.S.ハルスとともにパルサーの研究を開始,1974年プエルトリコにある大型電波望遠鏡を使った観測中に中性子星を伴う連星パルサー PSR1913+16を発見した。このパルサーがパルス間の間隔が8時間周期で増減するという規則正しいパターンで変化することから,もう一方の星とつくる重心の周囲を公転しているために地球から遠ざかったり地球に近づいたりしているに違いなく,このもう一方の星もパルサーと同程度の質量をもつ中性子星だと結論づけた。この発見はアインシュタイン一般相対性理論が述べる重力理論を検証できる「宇宙実験室」を提供したものと評価された。さらに観測の結果,PSR1913+16の周期が縮まり,2つの中性子星間の距離がせばまってきていることをつきとめ,これが重力波の放出によるものであることを見出し一般相対性理論を裏づけた。 93年ハルスとともにノーベル物理学賞を受賞。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

テーラー(tailor)

紳士服専門の仕立業。

テーラー(Zachary Taylor)

[1784~1850]米国の政治家。第12代大統領。在任1849~1850。ホイッグ党。アメリカメキシコ戦争などで活躍し、職業軍人出身者としては初の大統領に就任。在任中の1850年に病死。→フィルモア

テーラー(Elizabeth Taylor)

[1932~2011]米国の女優。ロンドン生まれ。愛称はリズ(Liz)。子役としてデビューし、その後も数多くのヒット作に出演。ハリウッドの黄金時代を代表する女優として活躍した。主な出演作に「陽のあたる場所」「ジャイアンツ」「クレオパトラ」「バージニア=ウルフなんかこわくない」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

テーラー

米国の物理学者。1968年ハーバード大で博士号取得,シカゴ大物理学部教授。1974年R.A.ハルスとともにプエルト・リコにある直径300mの電波望遠鏡で中性子星を伴う新型の連星パルサー(1913+16)を発見,アインシュタインが一般相対性理論で予言した重力波の存在を間接的に証明した。

テーラー

英国の数学者。1714年―1718年王立協会長。1715年微分学のテーラーの定理を発表。ただしその価値は1772年ラグランジュにより初めて認められた。また差分法の基礎をつくった。

テーラー

英国出身,米国の映画女優。ロンドンに生まれ,10歳でデビュー。のち渡米し,M.クリフトと共演した《陽のあたる場所》(1951年)などでハリウッドの代表的美人スターとなる。
→関連項目マンキーウィッツミネリ

テーラー

米国の技術者。科学的管理法の創始者。18歳で工場労働者となり,のちに製鉄所の技師長。これらの経験から作業場の能率化を図るための科学的管理法(テーラー・システム)を開発,顧問技師として諸工場の労務・工程管理を指導した。
→関連項目ギルブレス作業研究ファヨールファンクショナル組織

テーラー

米国の物理学者。1962年スタンフォード大学で博士号取得,1970年同大学教授,1987年高エネルギー研究所トリスタンの物理実験委員。素粒子のクォークモデルの発展につながる先駆的実験により,1990年J.L.フリードマン,H.W.ケンドールとともにノーベル物理学賞。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テーラー【Cecil Taylor】

1933‐
アメリカの黒人ジャズ・ピアニスト。ニューヨークに生まれ,ニューヨーク・カレッジ・オブ・ミュージックを経たのち,ボストンニューイングランド音楽院でピアノ,編曲,和声を学び,近代音楽を専攻した。卒業後ジャズを演奏する機会が多くなり,56年秋デトロイトでトリオを結成。バルトーク的なジャズ・ピアノを弾き,ジャズ界を驚かせた。セシル・テーラー自身はデューク・エリントンを慕い,ブルースと黒人の伝統に立脚して音楽をつくっていると信じていたが,50年代には伝統から外れたジャズマンとみなされていた。

テーラー【Edward Taylor】

1645ころ‐1729
アメリカの詩人。ピューリタンで,1668年イギリスから植民地に移住,ハーバード大学を卒業したのち牧師となった。自作の詩の公刊を禁じたので,死後200年(1937)たって,はじめてイェール大学の図書館で原稿が〈発見〉された。詩風が同時代のイギリス形而上詩に近い点で高い評価を得たが,最近では宗教的〈瞑想詩〉の系列に入れて読まれる傾向が定着している。ピューリタンのなかでは,きわだって優れた詩人だといえよう。

テーラー【Frederick Winslow Taylor】

1856‐1915
H.フェイヨルとともに管理論の基礎を築いた人物で,〈科学的管理の父〉と呼ばれるアメリカの機械技師。フィラデルフィアに生まれ,18歳で地元のポンプ製造所の見習機械工となり,後にミッドベール製鉄所の技師長になった。これらの経験にもとづいて彼は,作業場の能率化を図るためのいくつかの手法を編み出した。その手法は〈テーラー・システム〉と呼ばれる。内容は,労働者の一定時間内における標準仕事量を決める時間研究・動作研究,差別出来高給制度,計画部門の設置,指図票の考案,機能別職長制度,などを包摂している。

テーラー【Griffith Taylor】

1880‐1963
イギリス生れの地理学者。F.ラッツェルの地理思想を発展させ,歴史や人類の移動性を考慮しながら,地理的条件を重視した研究業績,地帯層序論や雨温図(ハイサーグラフ),地平和学geopacificsなどの提唱で知られる。シドニー大学やケンブリッジ大学で地質学や工学などを学び,氷河学に関心を抱き,スコット南極大陸探検に参加。1916年にシドニー大学より南極大陸の地質に関する研究で博士号を取得。20‐28年シドニー大学最初の地理学講座を担当したがオーストラリアの人口,入植問題で政治家と激しく対立し,28年オーストラリアを去り,シカゴ大学地理学講座を担当,45年にはトロント大学に移り70歳で退官。

テーラー【James Hudson Taylor】

1832‐1905
イギリスのプロテスタント宣教師。中国名は戴雅各(徳生)。ヨークシャーのバーンズリーに生まれ,佈道会Chinese Evangelization Societyによって1854年(咸豊4)上海に派遣された。まもなく会を離れ独立宣教師として主として寧波(ニンポー)を中心に活動したが,健康を害して60年に帰国,65年に中国におけるプロテスタント伝道の危機と内陸伝道の必要を訴える書物を刊行した。この反響は大きく,力を得た彼は内地会China Inland Missionを設立し,66年に中国へもどり,精力的に内地伝道を指導した。

テーラー【Paul Taylor】

1930‐
アメリカの舞踊家,振付家。オレゴン州生れ。1953年,〈浮浪者バレエ〉で最初の振付を行い,54年自分の舞踊団を創設したが,55年から61年までM.グラーム舞踊団のソロイストも兼ねた。彼の踊りは絶えず変貌し,初期は因襲打破の前衛で,率直,純粋なアンチ・ダンスともいうべき作風だったが,のちに筋のない新古典主義的な作品もつくった。その後,しだいにユーモアを織り交ぜた想像力豊かなものとなり,人間関係,社会のたてまえ,偽善を風刺した。

テーラー【Thomas Taylor】

1758‐1835
イギリスのプラトン学者。近代のプラトン主義者は数えきれないが,彼だけが特に〈プラトニスト〉と呼ばれているほど,一生をプラトンの研究,翻訳,注釈,祖述に打ちこんだ。貧しい家庭に生まれ,正規の教育を受けなかったが,銀行員として暮しを立てながら独学でプラトンを学び,キリスト教以前の密儀文明の解明と復興を志した。生前,学界からは完全に孤立し,無視されていたが,少数の熱心な後援者を得て,プラトン哲学の背後にある霊的伝統そのものの鼓舞と発揚を行った。

テーラー【Zachary Taylor】

1784‐1850
アメリカ合衆国の第12代大統領。在職1849‐50年。ケンタッキーの奴隷制農場主の家に育ち,1808年から40年間軍務についた。米墨戦争で時の民主党政府・軍首脳と作戦をめぐって対立したが,カリフォルニアを侵略し制圧に成功,国民的英雄となった。48年ホイッグ党から大統領に当選。カリフォルニアにおける奴隷制導入の是非をめぐる南北対立に苦慮し,その解決を見ずに50年に病死した。政治家としての業績にはほとんど見るべきものがないが,職業軍人出身の最初の大統領であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

テーラー【tailor】

紳士服を注文で仕立てる洋服屋。

テーラー【Taylor】

〔Brook T.〕 (1685~1731) イギリスの数学者。関数の級数展開に関するテーラーの定理を発見。微分方程式、振動についての研究もある。
〔Frederick Winslow T.〕 (1856~1915) アメリカの技術者。工場の科学的管理法の創始者。いわゆるテーラー-システムを提唱した。また高速度鋼を発明し、金属の切削能力を飛躍的に高めた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

テーラー

生年月日:1890年2月6日
アメリカ(イギリス生まれ)の化学者
1974年没

テーラー

生年月日:1791年9月11日
イギリスの文筆家
1844年没

テーラー

生年月日:1783年9月23日
イギリスの女流児童文学者
1824年没

テーラー

生年月日:1897年11月26日
イギリスの科学史家
1956年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のテーラーの言及

【仕立屋】より

…近代になって洋服が普及すると,洋服の仕立職人が別に生まれ,〈舶来仕立屋〉と呼ばれたこともある。【遠藤 元男】【鈴木 晋一】
[西洋]
 一般に男子服を扱うものをテーラーtailor,婦人服を扱うものをドレスメーカーdressmakerという。今日では,服飾デザイナー(フランス語ではクチュリエcouturier)の職種が現れ,デザイン,縫製,販売を行う服飾専門店が普及している。…

【洋服屋】より

…日本の洋服業は,幕末の開港後の横浜で来航西洋人によって開かれた。1867年(慶応3)に,テーラー(男子洋服仕立業)の〈ラダーゲ=オエルケ商会〉(ドイツ),〈ロートムンド商会〉(ドイツ),ドレスメーカー(婦人洋服仕立業)の〈ミセス・ピアソン〉(イギリス)が開業した。これらに入店して技術を習得した増田文吉,関清吉らの洋服屋開業は明治初年であった。…

【インダストリアル・エンジニアリング】より

…中でも,産業の発展が急速であったアメリカにおいては,人手不足,多民族性,激しい企業競争という問題をかかえて,工業経営を効率的に進める必要性が強く認められていた。そのようなときに,F.W.テーラーが自分の勤務していた鉄鋼業に適用した経験をまとめた《工場管理Shop Management》という論文を1903年に発表した。その中で彼は,ストップウォッチを用いて作業を分析し標準時間を設定する方法,標準時間をもとにして能率給を支払う方法,監督者を機能別に配する方法,作業の指示を標準化されたカードを用いて具体的に行う方法などを提唱した。…

【科学的管理法】より

F.W.テーラーを始祖とする工場管理の方法。狭義には,テーラーが提唱した工場労働の時間研究time studyによる標準時間と作業量の設定,職能別職長制度に,ギルブレスFrank Bunker Gilbreth(1868‐1924)が開発した作業方法の研究(動作研究motion study)による作業簡素化・標準化を加えた管理方式をいい,しばしばテーラー・システムと同義に用いられる。…

【課業】より

…こうして,標準作業方法,標準作業時間が定められ,その結果,標準作業量すなわち課業が科学的に設定される。以上のような動作研究,時間研究による課業の科学的設定を最初に試みたのは,F.W.テーラーの科学的管理法である。19世紀末のアメリカの多くの工場では,単純出来高給制度(能率給)が採用され,しかも出来高賃率の切下げがしばしば行われ,労働者はこれに組織的怠業systematic soldieringという手段をもって対抗したため,生産能率の低下が大きな社会問題となった。…

【経営学】より

… アメリカ経営学の最初の問題意識は,分業を進行させていた生産活動を体系的に管理するための労務管理と生産管理にかかわっていた。1880年代から20世紀初頭にかけて,これらの問題に直面していた機械技師たちによってさまざまの議論がなされたが,そのうちの代表的なものの一つがF.W.テーラーによる科学的管理法である。これは企業経営の問題に初めて科学的に接近したものとして広く注目を集め,実践面にもまたその後の経営学の発達にも大きな影響をもった。…

【経営・経営管理】より

…かつての内部請負人は,その蓄積した所得をてこに企業家に上昇転化するものと,熟練労働者,さらに生産管理のベテランとして企業の職長になるものとに分かれていった。後にとりあげるF.W.テーラーが科学的管理の名のもとに工場管理の合理化を行ったのは,ちょうどこのころにあたる。彼は,こうしてできた職長制度を,ありとあらゆることを1人でしなければならないが,結局はなにひとつ十分にできない万能式職長制度であると批判し,今まで1人の職長がやっていた仕事を職能別に分化させ8人の職長に代替させる職能的職長制を提案した。…

【作業研究】より

…この優れた作業システムの実現が作業研究の課題である。 作業研究は人間行動の歴史とともに存在してきたが,工場生産においてこれを組織的に行ったのがF.W.テーラーである。彼は20世紀初めころ,出来高賃金制度の基準となる作業量が1日の公正な仕事量として客観的に存在するはずだという思想に立って,これを見いだすため,時間研究time studyをはじめとする各種作業への実験科学的研究を行った。…

【職務分析】より

…こうしたなかで,経営体の人事・労務管理の基本単位として登場してきたのが職務jobという概念である。当時(1900年代初頭)の工場管理は職長に全権が集中し,採用・解雇や賃率の設定が恣意的に行われていたが,その現状を科学的に分析し,大量生産方式による大規模経営の管理に原則を与えたのは,F.W.テーラーである。彼の提唱する科学的管理法の手法は,同時代の能率技師であったF.B.ギルブレスやその後継者によって生産工学的な管理技法に展開されていった。…

【能率増進運動】より

…アメリカで19世紀末ころから始められた工場生産の作業能率を高めるための運動をいう。能率増進運動の最初の体系的提唱者は,アメリカのF.W.テーラーである。彼はアメリカ産業界における現場管理のシステム化について実験し研究してきた成果をまとめ,1903年に《職場管理Shop Management》,さらに11年に《科学的管理法の原理The Principles of Scientific Management》を出版した。…

【労働科学】より

…労働科学では人間の肉体的ないし精神的活動,たとえば特定の機器操作の手指作業やシミュレーターによる情報処理作業,温湿度,照明,振動,騒音等環境条件の人間の心身に及ぼす影響や特定の化学物質の有害性などについて実験室内の実験的研究も重視されるが,それは現実の労働をめぐる諸関連について科学的認識をより確実とするためで,なによりも各種産業の現場研究が最も重視される。F.W.テーラーは公平な1日の仕事量決定のため作業を単純な要素動作に分解し,その一々の要素動作を熟練者についてストップウォッチで計測し,最大の仕事の効率を収めるための標準作業動作を提唱し(1911),その流れが今日に至っているが(〈科学的管理法〉の項参照),このテーラー・システムに対し労働科学は労働の結果としての疲労とパフォーマンス(実際の仕事の質・量,生産高など)をともに客観的に把握し,労働力保全の視点を重視して望ましいパフォーマンスを収めうるような労働の組織と内容を問題とする。
[労働科学の起源]
 産業はその発達の過程で人間労働の機械への従属や生産至上主義の経営管理を生みだし,働く人間にとって好ましくないさまざまな要素を労働条件の中に現出させてきた。…

【クライモグラフ】より

…横軸に相対湿度,縦軸に湿球温度をとった直交座標において,各月平均値に基づいてプロットされた12点を月順に結びつけた線図。1915年G.テーラーが白人移住の際の気候適応の問題として体感気候を表現するために考案したもの。資料入手の便宜上,湿球温度の代りに乾球温度を用いることもある。…

※「テーラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

テーラーの関連キーワードテイラー(Frederick Winslow Taylor)テイラー(Maxwell Davenport Taylor)フリードマン(Jerome I. Friedman)テイラー(Elizabeth Taylor)テイラー(Griffith Taylor)テイラー(Zachary Taylor)テイラー(Edward Taylor)テイラー(Jeremy Taylor)テーラー(Brook Tayler)テイラー(Brook Tayler)テイラー(Paul Taylor)schoolgirl lookエクレクチックファッションリベリア前大統領の戦争犯罪デューク・エリントンアメリカンナチュラルウェストフィールドトリプレットレンズマクローリンの定理カスタムメード医療

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

テーラーの関連情報