コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴールド・ラッシュ ゴールド・ラッシュGold Rush

翻訳|Gold Rush

2件 の用語解説(ゴールド・ラッシュの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴールド・ラッシュ
ゴールド・ラッシュ
Gold Rush

1848年にアメリカカリフォルニアの J.サッターの所有地での金鉱発見の報が伝えられ,翌年にかけて全世界からカリフォルニアに金鉱発見をねらって約8万人の人々が殺到,集中的に移住したことをさす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴールド・ラッシュ
ごーるどらっしゅ
gold rush

金の発見地、採掘地に向かって大ぜいの人が急激に集中するありさまをいう。史上もっとも著名なゴールド・ラッシュは、1848年に始まるアメリカ、カリフォルニアのそれである。同年1月にサクラメントに近いアメリカ川でジェームズ・W・マーシャルという大工が砂金の粒をみつけたというニュースは、またたくまに全世界に広まった。まもなく、全米および中国、オーストラリアを含む世界の各地から、わずかな資本で一攫千金(いっかくせんきん)を夢みる金鉱探したちや、彼らに必要な物資・サービスを提供する商人、職人、ホテル業者、銀行家、弁護士、売春婦たちがカリフォルニアに押し寄せ始めた。この大ぜいの人たちは一般に「1849年の人々(フォーティ・ナイナーズ)」とよばれた。1848年初め2万に満たなかったカリフォルニアの人口は、49年に10万、52年に25万、60年には38万とうなぎ登りに増加、鉱山町が各所につくられた。1852年には最高の年間金産出量を記録し、その額は約8130万ドルと推定されている。また、1847年には100人そこそこの僻村(へきそん)にすぎなかったサンフランシスコは、カリフォルニアへの入口、物資補給基地、歓楽街として金探しブームの中心地となり、50年に人口3万5000の都会へと成長した。アメリカではこのあと、ネバダのコムストック鉱脈の発見(1859)、コロラド(1859)、モンタナ(1863)のラッシュと続き、1897年には北アメリカ最後のゴールド・ラッシュがアラスカのユーコン川の流域におこっている。
 アメリカ以外のゴールド・ラッシュでは、オーストラリアのニュー・サウス・ウェールズとビクトリア(1851)、同じくクールガーディ(1864)、そして1886年に南アフリカ、トランスバールのウィトワーテルスランドの巨大な金鉱脈の発見によるものが有名。[平野 孝]
『中屋健一著『アメリカ西部開拓史』(1963・筑摩書房) ▽猿谷要著『西部開拓史』(岩波新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ゴールド・ラッシュの関連キーワード三月革命ウィーン蜂起カモラガリバルディカルロ・アルベルト共産党宣言第四階級ダールマン二月革命(フランス)ケーベル

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゴールド・ラッシュの関連情報