シェリル クロウ(英語表記)Sheryl Crow

現代外国人名録2016「シェリル クロウ」の解説

シェリル クロウ
Sheryl Crow

職業・肩書
ロック歌手

国籍
米国

生年月日
1962年2月11日

出生地
ミズーリ州ケネット

学歴
ミズーリ大学卒

受賞
グラミー賞(第37回,3部門)〔1995年〕,ワールド・ミュージック・アワード新人賞〔1995年〕,グラミー賞(女性ボーカル・パフォーマンス賞,第39回)〔1997年〕「If It Makes You Happy」,グラミー賞(ロックアルバム賞,第41回)〔1999年〕「グローブ・セッションズ」,グラミー賞(女性ロックボーカル賞,第42回・43回)〔2000年・2001年〕

経歴
両親はジャズ・ミュージシャン。5歳からピアノのレッスンを受け、大学でも音楽を専攻傍らバンドを組みキーボードを担当。卒業後、音楽教師をした後、ロサンゼルスへ。1987年マイケル・ジャクソンのツアーでバックボーカルとして起用されプロとしての活動を開始。その後、作詞作曲に専念するようになり、’93年アルバム「チューズデイ・ナイト・ミュージック・クラブ」でデビュー。全米で400万枚を越える大ヒットとなる。一方、再結成したイーグルス、ボブ・ディランのツアーなどに起用され評価を高め、’94年「オール・アイ・ウォナ・ドゥ」が全米2位のヒットになる。カントリーやブルース、ジャズなどを基調にしたサウンドで注目を浴び、’95年グラミー賞の最優秀新人賞、最優秀レコード賞、最優秀女性歌唱賞の3部門を受賞。’97年2作目のアルバム「シェリル・クロウ」を発表。’98年ニューヨークに居を移す。’99年映画「ビッグ・ダディ」のサントラ盤に参加、2000年同作品の「スウィート・チャイルド・オブ・マイン」でグラミー賞最優秀女性ロックボーカル賞を受賞。他のアルバムに「グローブ・セッションズ」(1999年)、「カモンカモン」(2002年)、「ライブ・アット・武道館」(2003年)、「ワイルドフラワー」(2005年)、「ディトアーズ」(2008年)、「100マイルズ・フロムメンフィス」(2010年)、「フィールズ・ライク・ホーム」(2013年)などがある。1995年ソロでは初の来日公演を行う。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

367日誕生日大事典「シェリル クロウ」の解説

シェリル クロウ

生年月日:1962年2月11日
アメリカのロック歌手

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android