コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェロゼム sierozem, serozem

岩石学辞典の解説

シェロゼム

高温乾燥気候で冬期は温暖で春に最大降水の特徴のある山麓地帯の砂漠に見られる土壌.炭酸カルシウムはすべての土壌断面を通して多量に含まれ,石膏は下部の層準に斑点状または条状に含まれる.シェロゼムはアルカリ反応を示し,吸収の容量は低く腐植の量は少ない.ロシアで最も良く知られており,黄土の上に発達している[Gerasimov & Glazovaskaya : 1965].主として温帯の乾燥地域に分布する成帯土壌型.砂漠土の分布地域よりもやや降水量が多く,植生もやや密であり,母材がより細粒質であって,中央アジアの山麓地域に典型的に発達する.可溶性塩類は表層から溶脱され深さ30~80cmの部位に炭酸石灰の集積層をもつ.A層は灰色~灰色褐色でわずかに腐植で汚染され,石灰質の下層に漸移する[木村ほか : 1973].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

シェロゼムの関連キーワード褐色灰色半砂漠土壌アリドソル灰色土

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android