コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シクロアルケン シクロアルケン cycloalkene

2件 の用語解説(シクロアルケンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

シクロアルケン(cycloalkene)

分子内に環内に二重結合をもつ不飽和炭化水素の総称。一般式CnH2n-2で表される。シクロオレフィン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シクロアルケン
しくろあるけん
cycloalkenes

環内に二重結合をもつ脂環式炭化水素の総称。シクロオレフィンともいう。一般式CnH2n-2で示される。鎖状のアルケンCnH2nの末端の水素原子2個を取り去り、炭素原子を結合させた構造をもっている。アルケンと同様に、求電子付加反応、ラジカル付加反応、水素化および酸化反応を受ける。環内の二重結合の位置は、オゾン分解により生成する開環ジケト化合物の構造より知ることができる。

 シクロプロペン、シクロブテンは平面構造をもち、大きなひずみが存在し、エネルギー的に不安定なので二重結合の反応性は大きい。7員環までのシクロアルケンでは幾何異性体は存在せず、シス形のみが取り出される。8員環のシクロオクテンになって初めてシス形とトランス形の両異性体が単離される。
[向井利夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シクロアルケンの関連キーワードアセチレン系炭化水素エチレン系炭化水素不飽和化合物ポリエン不飽和結合不飽和炭化水素飽和炭化水素多価不飽和脂肪酸不飽和度シクロオクタテトラエン

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シクロアルケンの関連情報