シクロテトラメチレンテトラニトラミン(英語表記)cyclotetramethylenetetranitramine

世界大百科事典 第2版の解説

シクロテトラメチレンテトラニトラミン【cyclotetramethylenetetranitramine】

HMX,オクトーゲンとも呼ばれる。シクロトリメチレントリニトラミン(RDX)とよく似ており,無水酢酸法でRDXを製造する際にわずかに副生する。製造条件によってはHMXの収率を高めることができる。無色結晶で,α,β,γ,δの4種の結晶形があるが,β型が安定で衝撃に対しても比較的鈍感なので,β‐HMXが高性能耐熱爆薬の主成分として用いられる。爆速は比重1.89のとき9110m/sで,実用爆薬のなかでは最高である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android