コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シシタケ(猪茸) シシタケSarcodon imbricatum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シシタケ(猪茸)
シシタケ
Sarcodon imbricatum

担子菌類ヒダナシタケ目イボタケ科のキノコ針葉樹林の地上に生える。は低い山形で,のちに平らないしは浅い漏斗形になる。直径5~20cmで,表面に濃い茶褐色の鱗片が瓦をふいたように生じる。柄は径 2.5~5cm,長さ1~3cmで,傘の中心よりややはずれてつくことがある。胞子は褐色,いぼを多数もっている。苦みがあるが食用にする。北海道,本州に産し,北アメリカヨーロッパにも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android