コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

システム化工法 システムかこうほうsystematized prefabrication

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

システム化工法
システムかこうほう
systematized prefabrication

建築物の生産過程において,建築物をその構造骨組みや壁,床,天井,間仕切り開口部,電気配線,上下水道衛生設備など,いくつかのサブシステムに分けて,それぞれの機能を分析し,規格を統一するなどして設計・施工上の合理化をはかり,大量生産の可能な部分は工場で大量生産することによって建設現場での作業量を最小にし,建築物全体の総建設費の低減と建設期間の短縮をはかる工法をいう。巨大な住宅団地の建設などの際にこの方法を採用すると有利になるといわれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android