住宅団地(読み)じゅうたくだんち(英語表記)residential estate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

住宅団地
じゅうたくだんち
residential estate

都市再生機構や民間会社が建設する,計画的な集団住宅地。日本では 1955年に日本住宅公団が創設され,主として大都市周辺の旧軍用地を転用したり,農地山林などを利用した集団住宅の造成を行なうようになってから急増した。分譲,賃貸,社宅 (官舎) などの種類がある。その規模に従ってショッピングセンターマーケット郵便局,銀行,診療所などの諸施設を備えたり,遊園地幼稚園,学校,緑地を設けるなどして健全で便利な生活環境の確保に努めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

住宅団地【じゅうたくだんち】

略して団地とも。住宅がグループとして計画・建設された地区。良好な居住環境と利便を確保するために,道路・共同施設等が適切に配置される。英国のE.ハワード〔1850-1928〕の田園都市運動等がさきがけとなり発展。日本でも特に戦後の住宅難により重視され,1949年建設省より団地住宅経営計画基準が発表された。1955年日本住宅公団(1981年より住宅・都市整備公団)が設立され,耐火構造の集団住宅の建設が大規模に行われるようになった。これらはその団地の規模,周辺社会の施設の整備状況等に応じ,商店・公園・学校・集会所等の施設が建設されている。
→関連項目工業団地

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

住宅団地の関連情報