コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シチョウ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シチョウ

囲碁用語。アタリ,アタリと相手の石を追っていき,盤端に追いつめて取る手段。中国では征と書き,日本では四丁 (白黒の石が4つの線に連なっていくところから) が語源。欧米では「稲妻」「階段」などと表現したこともある。シチョウを逃げるために対角線に打つ手を「シチョウアタリ」,特別な作図で盤中追回す珍しい形を「盤中シチョウ」,またアタリでなく,一手すきのまま追って取る形を「ゆるみシチョウ」などと呼ぶ。初心者をひやかす言葉に「しちょう知らずの碁打ちかな」という句がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シチョウの関連キーワードサシチョウバエ(刺蝶蠅)ハクチョウゲ(白丁花)柳家 紫朝(初代)コウチュウ(鉤虫)リーシュマニア症リーシュマニアカラ・アザールヒオドシチョウタテハチョウタテハモドキエイシチョウキヌバネドリアメリカ鉤虫特定外来生物カラアザールルリタテハエルタテハチョウバエシチョウゲパパタシ熱

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シチョウの関連情報