コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シチョウ シチョウ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シチョウ

囲碁用語。アタリ,アタリと相手の石を追っていき,盤端に追いつめて取る手段。中国では征と書き,日本では四丁 (白黒の石が4つの線に連なっていくところから) が語源。欧米では「稲妻」「階段」などと表現したこともある。シチョウを逃げるために対角線に打つ手を「シチョウアタリ」,特別な作図で盤中追回す珍しい形を「盤中シチョウ」,またアタリでなく,一手すきのまま追って取る形を「ゆるみシチョウ」などと呼ぶ。初心者をひやかす言葉に「しちょう知らずの碁打ちかな」という句がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シチョウの関連キーワードサシチョウバエ(刺蝶蠅)ハクチョウゲ(白丁花)コウチュウ(鉤虫)柳家 紫朝(初代)リーシュマニア症カラ・アザールリーシュマニアヒオドシチョウアメリカ鉤虫エイシチョウタテハチョウタテハモドキカラアザールキヌバネドリ特定外来生物ルリタテハエルタテハシチョウゲパパタシ熱チョウバエ

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シチョウの関連情報