コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シッフの試薬 シッフのしやくSchiff's reagent

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シッフの試薬
シッフのしやく
Schiff's reagent

アルデヒドとケトンを区別するために用いられる呈色試薬。フクシン塩酸塩に亜硫酸を加えて調製する。この試薬はケトンに対しては無色であるが,アルデヒドに対しては赤紫色を示す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シッフの試薬
しっふのしやく
Schiff's reagent

ドイツの有機化学者シッフHugo Schiff(1834―1915)によって発明されたアルデヒドの検出試薬で、フクシンアルデヒド指薬ともいう。フクシン(またはマゼンタともいう)のカルビノール塩基であるローズアニリン(またはローザニリン)とよばれる赤紫色の塩基性染料の水溶液に二酸化硫黄(いおう)を通じて脱色したものである。この試薬をアルデヒドに加えると室温で反応して溶液は赤紫色を呈する。アルデヒドに対する鋭敏な呈色試薬で、ケトンではこの反応がおこらないので、アルデヒドとケトンの判別に用いられる。アルデヒドのなかでも、ある種の芳香族ヒドロキシアルデヒド(オキシアルデヒド)などはこの試薬と呈色しない。[成澤芳男]
『日本分析化学会編『分析化学便覧』改訂3版(1981・丸善) ▽大木道則他編『化学大辞典』(1989・東京化学同人)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シッフの試薬の関連キーワード組織化学

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android