コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シッフの試薬 シッフのしやくSchiff's reagent

2件 の用語解説(シッフの試薬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シッフの試薬
シッフのしやく
Schiff's reagent

アルデヒドとケトンを区別するために用いられる呈色試薬。フクシン塩酸塩に亜硫酸を加えて調製する。この試薬はケトンに対しては無色であるが,アルデヒドに対しては赤紫色を示す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シッフの試薬
しっふのしやく
Schiff's reagent

ドイツの有機化学シッフHugo Schiff(1834―1915)によって発明されたアルデヒドの検出試薬で、フクシンアルデヒド指薬ともいう。フクシン(またはマゼンタともいう)のカルビノール塩基であるローズアニリン(またはローザニリン)とよばれる赤紫色の塩基性染料水溶液二酸化硫黄(いおう)を通じて脱色したものである。この試薬をアルデヒドに加えると室温で反応して溶液は赤紫色を呈する。アルデヒドに対する鋭敏な呈色試薬で、ケトンではこの反応がおこらないので、アルデヒドとケトンの判別に用いられる。アルデヒドのなかでも、ある種の芳香族ヒドロキシアルデヒド(オキシアルデヒド)などはこの試薬と呈色しない。[成澤芳男]
『日本分析化学会編『分析化学便覧』改訂3版(1981・丸善) ▽大木道則他編『化学大辞典』(1989・東京化学同人)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone