ヒドロキシアルデヒド(英語表記)hydroxy aldehyde

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒドロキシアルデヒド
ひどろきしあるでひど
hydroxyaldehyde

同じ分子内にヒドロキシ基-OHとアルデヒド基-CHOとをもつ化合物の総称。オキシアルデヒド、アルデヒドアルコールともいう。一般にアルコール(またはフェノール)とアルデヒドの両方の性質をもち、ヒドロキシ基の反応によりエステルやエーテルを生成し、アルデヒド基の反応により還元性やカルボニル基への付加反応を示す。脂肪族ヒドロキシアルデヒドとしてはグリコールアルデヒドアルドールなどが代表的で、芳香族ヒドロキシアルデヒドの代表としてはサリチルアルデヒドがある。糖類にはヒドロキシアルデヒドの構造をもつものが多く、そのために糖類の多くが還元性を示す。[廣田 穰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android