マゼンタ(英語表記)magenta

翻訳|magenta

色名がわかる辞典の解説

マゼンタ【magenta】

色名の一つ。マジェンタとも表記する。JISの色彩規格では「あざやかな赤紫」としている。一般に、みを帯びたのこと。アニリン染料の色名として用いられた。イタリアの古戦場マゼンタの地名に由来する。また、イエローシアンとともに印刷などで用いる色の三原色の一つ。通常のカラー印刷ではこれにブラックを加え、それぞれの色の量を加減して重ねて刷る。このように色を重ね合わせることを減法混色という。多く重ねるほど明るさが減り元の色より暗くなる。印刷の場合、日本語で赤とよぶことがある。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

マゼンタ【magenta】

絵の具・印刷インクなどの三原色の一。赤紫。フクシン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のマゼンタの言及

【フクシン】より

マゼンタmagentaともいう。古くから知られた代表的な塩基性染料で,ローズアニリン,パラローズアニリンの別称をもつが,実際にはこれらの混合物である。…

※「マゼンタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マゼンタの関連情報