シッフィーンの戦い(読み)シッフィーンのたたかい(英語表記)Ṣiffīn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シッフィーンの戦い
シッフィーンのたたかい
Ṣiffīn

657年5~7月,第4代カリフ,アリーシリア総督で,のちウマイヤ朝を創建したムアーウィヤ1世との間で,シリア国境に近い北イラクのシッフィーンで行われた戦闘。3ヵ月近い戦闘にもかかわらず,勝敗決せず,両軍は調停会議に同意した。シリアのアズルフでの調停会議も難航して決着がつかず,事実上アリーは,この休戦によってムアーウィヤに敗北し,661年のアリーの死によってウマイヤ朝が出現した。なお,休戦に反対してアリーの軍を「脱出した」一党は,のちハワーリジ派として知られるイスラム最古の政治・宗教的党派となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android