シッフィーンの戦い(読み)シッフィーンのたたかい(英語表記)Ṣiffīn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シッフィーンの戦い
シッフィーンのたたかい
Ṣiffīn

657年5~7月,第4代カリフ,アリーシリア総督で,のちウマイヤ朝を創建したムアーウィヤ1世との間で,シリア国境に近い北イラクのシッフィーンで行われた戦闘。3ヵ月近い戦闘にもかかわらず,勝敗決せず,両軍は調停会議に同意した。シリアのアズルフでの調停会議も難航して決着がつかず,事実上アリーは,この休戦によってムアーウィヤに敗北し,661年のアリーの死によってウマイヤ朝が出現した。なお,休戦に反対してアリーの軍を「脱出した」一党は,のちハワーリジ派として知られるイスラム最古の政治・宗教的党派となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android