コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シッフ試薬 シッフしやく

大辞林 第三版の解説

シッフしやく【シッフ試薬】

アルデヒドの検出試薬。アルデヒドと反応して赤紫色を呈する。ドイツのシッフ(H. Schiff)の名による。フクシンアルデヒド試薬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シッフしやく【シッフ試薬 Schiff’s reagent】

フクシンアルデヒド試薬ともいう。アルデヒドRCHOの検出用試薬の一つ。塩基性染料としても知られる桃色のp‐フクシン(p‐ローザニリン,p‐マゼンタともいう)の0.1%水溶液に亜硫酸ガスSO2を飽和させて調製した無色溶液。ドイツの化学者H.シッフが発見した。この試薬にアルデヒドを加えて振ると,紫色の色素を生ずる。一般のアルデヒドに対してはきわめて鋭敏な呈色反応(確認限度0.001%)であるが,ケトンはこの反応を起こさない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

シッフ試薬の関連キーワードフクシンアルデヒド試薬過ヨウ素酸シッフ反応フォイルゲン反応臭化物多糖分泌

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android