コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シナブン山 シナブンサン

デジタル大辞泉の解説

シナブン‐さん【シナブン山】

Mount Sinabung》インドネシア、スマトラ島北部にある活火山。標高2460メートル。2010年におよそ400年ぶりに噴火し、2013年9月から再び活動が活発化している。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

知恵蔵miniの解説

シナブン山

インドネシア共和国のスマトラ島(北スマトラ州カロ県)にある火山。標高約2460メートル。インドネシアに127ある火山の一つで、火山活動の活発な断層である環太平洋火山帯に位置している。2010年8月に410年ぶりに噴火を開始し、13年9月から噴火が活発化、同年11月18日には噴煙の高さが8000メートルに及ぶ大噴火が発生した。14年1月初旬の1週間だけで220回噴火し、この時点で2万人以上が避難。同年2月には大規模な火砕流が発生し、17名が死亡している。15年6月4日、火山活動が急増したことを受け同国国家防災庁が警戒レベルを最高に引き上げ、3000人以上が避難した。

(2015-6-8)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

シナブン山の関連キーワードインドネシア共和国インドネシア

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シナブン山の関連情報