コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シナブン山 シナブンサン

2件 の用語解説(シナブン山の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

シナブン‐さん【シナブン山】

Mount Sinabung》インドネシア、スマトラ島北部にある活火山。標高2460メートル2010年におよそ400年ぶりに噴火し、2013年9月から再び活動が活発化している。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

シナブン山

インドネシア共和国のスマトラ島(北スマトラ州カロ県)にある火山。標高約2460メートル。インドネシアに127ある火山の一つで、火山活動の活発な断層である環太平洋火山帯に位置している。2010年8月に410年ぶりに噴火を開始し、13年9月から噴火が活発化、同年11月18日には噴煙の高さが8000メートルに及ぶ大噴火が発生した。14年1月初旬の1週間だけで220回噴火し、この時点で2万人以上が避難。同年2月には大規模な火砕流が発生し、17名が死亡している。15年6月4日、火山活動が急増したことを受け同国国家防災庁が警戒レベルを最高に引き上げ、3000人以上が避難した。

(2015-6-8)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シナブン山の関連キーワードインド綿SMTイン博オルガ山SMDクーサ山タラナキ山ハット山Mount VernonMount,W.S.

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シナブン山の関連情報