コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シビュラの託宣 シビュラのたくせんSibylline Oracles

世界大百科事典 第2版の解説

シビュラのたくせん【シビュラの託宣 Sibylline Oracles】

旧約聖書偽典および新約聖書外典に含まれる書名。おそらくイランに由来し,古代ギリシア・ローマで尊重されていた女予言者シビュラの託宣をまねた偽書。ホメロス風六脚韻で記されている。前2世紀以来エジプトを中心とするディアスポラ(離散)のユダヤ人と,後2世紀中葉から3世紀初頭にかけてキリスト教徒により創作,編集,加筆が行われた。3~5巻はユダヤ教部分,6~8巻はキリスト教部分,1,2巻はユダヤ教文書へのキリスト教的加筆。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシビュラの託宣の言及

【シビュラ】より

…同書によって神意をうかがったのは363年を最後とし,408年にはホノリウス帝の将軍スティリコの命で焼き払われた。なおシビュラの名を冠して現存する予言書《シビュラの託宣》は,ユダヤ教,キリスト教の編者による偽書である。【水谷 智洋】。…

※「シビュラの託宣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android