コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シマカ

百科事典マイペディアの解説

シマカ

双翅(そうし)目科の中のシマカ属の種類の総称。体長5mm内外の小型種ばかりで,胸背に白条がある。昼間活動し吸血する。デング熱などの媒介をする。本州以南に普通に見られるヒトスジシマカと奄美以南に分布するネッタイシマカにより代表される。
→関連項目ヤブカ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シマカ
しまか / 縞蚊

昆虫綱双翅(そうし)目糸角亜目カ科ヤブカ属のシマカ亜属Stegomyiaの総称。一般にヤブカともよばれる。小形の種類で、体長5ミリメートル内外。多くの種は黒色で体と脚(あし)に白色の縞(しま)や斑(ふ)があり、胸背部には白色から黄色の縦条がある。普通、昼間活動するカ類で、敏捷(びんしょう)に動き、藪(やぶ)や林間でヒトを襲い、激しく刺す。幼虫はタケの切り株、空き缶、墓石、樹洞などのたまり水で発生する。
 日本には、ヒトスジシマカAedes (Stegomyia) albopictusが家屋の周辺に普通に生息するほか、デング熱、黄熱病の病原体を媒介するネッタイシマカAe. (Stegomyia) aegyptiが有名である。ネッタイシマカは琉球(りゅうきゅう)諸島以南の熱帯に分布する。[倉橋 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シマカの関連キーワードフィンレー(Carlos Juan Finley)C.J. フィンレージカウイルス感染症藪蚊・豹脚蚊・薮蚊チクングニア熱ヤブカ(藪蚊)黄熱(黒吐病)ニッコウキスゲ染色体地図フィンライカセミミズアブラギクキク(菊)カナヘビオサムシ吸血動物ゲノム倍数性カジキキク

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android