コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャウカル シャウカルSchaukal, Richard von

1件 の用語解説(シャウカルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャウカル
Schaukal, Richard von

[生]1874.5.27. ブリュン
[没]1942.10.10. ウィーン
オーストリアの詩人,作家。ゲオルゲ,K.クラウスの影響を受けた。カトリック的傾向が強い。詩集『トリスティア』 Tristia (1896) ,短編集『エロス・タナトス』 Eros Thanatos (1906) のほか,E. T. A.ホフマン論,クラウス論がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シャウカルの関連キーワード島義勇小野梓サイゴン条約ハーディ岩崎弥太郎カズヌーヴ菊池三渓善助成島柳北西周

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone