コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島義勇 シマヨシタケ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島義勇 しま-よしたけ

1822-1874 幕末-明治時代の武士,官僚。
文政5年9月12日生まれ。枝吉神陽,副島種臣の従兄弟。肥前佐賀藩士。安政3年(1856)藩命により蝦夷(えぞ)地(北海道),樺太(からふと)を視察。戊辰(ぼしん)戦争には大総督府軍監として従軍。維新後,開拓使判官,秋田県権令などをつとめたが,政府と対立し辞職。江藤新平とともに佐賀のの指導者となり,明治7年4月13日処刑された。53歳。字(あざな)は国華。通称は団右衛門。号は楽斎など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しまよしたけ【島義勇】

1822‐74(文政5‐明治7)
佐賀の乱の首謀者。佐賀藩士。禄高300石。通称団右衛門,字は国華。楽斎,桜陰と号する。初め従兄枝吉神陽に学び,のち江戸に出て佐藤一斎陽明学を学び,藤田東湖を知る。安政年間(1854‐60)藩命により北海道,樺太を視察。1868年(明治1)藩の海軍軍監となり,戊辰戦争に大総督府軍監として東北鎮定に赴き,会計官,北海道開拓使判事,大学少監,侍従,秋田県令を歴任したが,政府と議合わず72年6月辞職。翌年帰郷して佐賀憂国党首領に推され,74年1月〈恩賞不当,刑罰顚倒,奸臣専横〉の政治を改良せんとして,江藤新平の征韓党とともに兵を佐賀に挙げ,敗走して鹿児で捕らえられ,佐賀で斬罪に処せられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しまよしたけ【島義勇】

1822~1874) 佐賀の乱の首謀者。佐賀藩士。戊辰戦争で活躍。新政府で北海道開拓使判官・秋田県令などを歴任。1874年(明治7)帰郷、不平士族の首領となり、乱を起こして斬られた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の島義勇の言及

【佐賀の乱】より

…明治6年10月の政変(征韓論分裂)で,参議西郷隆盛らと下野し,また板垣退助らと民撰議院設立の建白書に名を連ねた江藤は,郷里の佐賀に帰った。佐賀の征韓党はこの江藤を首領とし,これまで拮抗していた憂国党(1873年,秋田県令をやめた島義勇を首領)と対政府行動を共にするに至った。74年2月1日,3000余人(のち1万1000余に達する)は小野商会を襲って行動を起こした。…

※「島義勇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

島義勇の関連キーワード人間の条件(五味川純平の小説)人間の條件 第5部・第6部人間の條件 第1部・第2部人間の條件 第3部・第4部リボンを結ぶ夫人愛すればこそ海の野郎ども札幌(市)仕掛人梅安美女と怪龍若い人たち副島義高士族反乱明治時代若者たち村山長栄夜明け前撮影監督銀座の女足摺岬

島義勇の関連情報