コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

わが祖国

デジタル大辞泉プラスの解説

わが祖国

チェコの作曲家ベドルジハ・スメタナの連作交響詩(1874-79)。原題《Má vlast》。チェコスロバキアの歴史、伝説、自然を題材とする全6曲の交響詩で構成され、第2曲『モルダウ』が有名。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

わがそこく【わが祖国】

《原題、〈チェコMá vlastスメタナの連作交響詩。全6曲。1874年から1879年にかけて作曲。チェコの歴史・伝説・自然・英雄などを題材とする交響詩で構成される。第2曲「モルダウ」が有名。毎年春開催の「プラハの春音楽祭」の開幕で演奏される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

わがそこく【わが祖国 Má Vlast】

スメタナの連作的な交響詩。チェコの風物と伝説を,躍動するリズム,色彩感にあふれる和声,親しみ深い旋律をもって描いた6曲《ビシェフラト》《モルダウ》《シャールカ》《ボヘミアの牧場と森から》《ターボル》《ブラニーク》からなる。スメタナの晩年,1872年から79年にかけて作曲され,82年にプラハで全曲初演された。【後藤 暢子】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

わが祖国
わがそこく
M vlast

スメタナが1874年から79年にかけて作曲した連作交響詩。作曲者の祖国チェコスロバキアの歴史と自然を題材にしたもので、『ビシェフラード(高い城)』Vyehrad(1874)、『ブルタバ(モルダウ)』Vltava(1874)、『シャールカ』arka(1875)、『ボヘミアの森と草原から』Z eckch luh a hj(1875)、『ターボル』Tbor(1878)、『ブラニーク』Blank(1879)の六曲からなる。1848年、パリの二月革命、ウィーンの三月革命の影響がチェコにも及び、オーストリア政府軍とプラハの市民軍との間に戦闘が行われた際、若いスメタナは革命派市民のための歌を作曲して自らも戦いに参加したが、そうした愛国的情熱がのちにこの連作を生み出す原動力になったと考えられる。六曲の交響詩はいずれも重厚かつ色彩的なオーケストレーションに支えられたうえに、美しい旋律に彩られており、とりわけ第二曲『モルダウ』は広く愛好されている。全曲まとめての初演は、1882年にプラハで行われた。[三宅幸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のわが祖国の言及

【スメタナ】より

…しかし74年,50歳のときに聴覚を失い,晩年はチェコ北部のヤブケニツェ村に隠とんし,肉体的・精神的状態の悪化と戦いながら作曲に専念。祖国の風物と民族を賛美した6曲から成る交響詩組曲《わが祖国》(1879。その第2曲《モルダウ》はとくに親しまれている)や自叙伝的な二つの弦楽四重奏曲,《第1番わが生涯より》(1876)と《第2番ニ短調》(1883)を完成したのち,プラハの精神病院で狂死した。…

※「わが祖国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

わが祖国の関連キーワードガスリー(Woody Guthrie)ジャバーエフ ジャンブールワシリー・I. レーベデフキム・ヨンサム(金泳三)李恢成(りかいせい)ダライ・ラマ14世ウッディ ガスリーO. センベーヌ東南アジア文学チベット問題ダライ・ラマスプラトマンセンベーヌエンクルマ阿加流比売ブルタバ川標題音楽稲田朋美金 泳三タラバニ

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

わが祖国の関連情報