コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャフリサブス Shahrisabz

デジタル大辞泉の解説

シャフリサブス(Shahrisabz)

ウズベキスタン南東部の都市。サマルカンドの南約80キロメートルに位置する。チムール帝国の創始者チムールの故郷として知られる。15世紀のチムール朝時代にアクサライ宮殿をはじめ多くのモスクや廟(びょう)が築かれたが、16世紀後半にブハラハン国により破壊され、現在は一部の建造物と遺構だけが見られる。2000年に「シャフリサブス歴史地区」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録されたが、過度の観光地化により2016年に危機遺産とされた。シャフリサーブス。シャフリサーブズ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

シャフリサブスの関連キーワードドルッティロバット建築群ドルッサオダット建築群アクサライ宮殿跡ティムール朝

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android