コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャマーリーヤ州 シャマーリーヤal-Shamaliyah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャマーリーヤ〔州〕
シャマーリーヤ
al-Shamaliyah

スーダン北部の州。ナイル川上流を占め,エジプト,リビアに接する。州都はダーメル。最も乾燥した地方で,東部はヌビア砂漠,西部はリビア砂漠のため,居住地域はナイル川の流域 1300km2に限定され,人口密度は低い。農業が中心で,ナツメヤシ,野菜,穀物などが栽培され,アスワン・ハイダムの完成によって,灌漑による綿作などが計画されている。メロエ,ナパタなどの古代王国の遺跡が多い。面積 47万 6040km2。人口 108万 3024 (1983) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シャマーリーヤ州の関連キーワードサリーマ・オアシスワディハルファナツメヤシドンゴラ人口密度マルハナパタメロエ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android