シャリマール庭園(読み)シャリマールていえん(英語表記)Shalamar Gardens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「シャリマール庭園」の解説

シャリマール庭園
シャリマールていえん
Shalamar Gardens

パキスタン北東部,パンジャブ州の州都ラホールの東約 10kmにある泉水庭園ムガル帝国の第5代皇帝シャー・ジャハーン (在位 1628~58) によって 1641年に造営された。 15.8haに及ぶ庭園は全体が7区に区分されていたが,現在は3段のテラス状になっており,水路と細い園路によっていくつかの小庭園を田の字型に区切った幾何学的な設計になっている。 427もの噴水が規則正しく配置され,歩道花壇は星形の連続模様に煉瓦が敷きつめられている。 17世紀後期にシク教徒に略奪され,ラホール城塞とともに損傷を受けたが,その後修復され,人々の憩いの場となっている。 1981年ラホール城塞とともに世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「シャリマール庭園」の解説

シャリマール‐ていえん〔‐テイヱン〕【シャリマール庭園】

Shalamar Gardens》⇒シャーラマール庭園

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android