コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャルトルのノートルダム大聖堂 シャルトルのノートルダムだいせいどう

1件 の用語解説(シャルトルのノートルダム大聖堂の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

シャルトルのノートルダムだいせいどう【シャルトルのノートルダム大聖堂】

フランス中部、首都パリの南西約80kmに位置するシャルトル(Chartres)にある大聖堂(カテドラル)。12~13世紀に造られたゴシック様式の教会建築物で、フランス国内において最も美しいゴシック建築の一つとされる。左右の塔は建てられた時代が異なり、向かって右側の塔はロマネスク様式、左側の塔は16世紀につくられたゴシック様式である。これは1194年の火災で西正面入り口付近を残し崩壊したことによる。聖堂内部には「シャルトルの青」と呼ばれる美しいステンドグラスがある。◇「シャルトル大聖堂」の名称で、世界遺産に登録されている。パリのモンパルナス駅から急行で約50分、シャルトル駅から大聖堂まで徒歩約10分。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャルトルのノートルダム大聖堂の関連キーワードパガンベルサイユパリジャンフランスパンエルバジェコページャッククール宮殿フランスソワールフランス革命記念日

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone