コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇宙環境 うちゅうかんきょう space environment

1件 の用語解説(宇宙環境の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

うちゅうかんきょう【宇宙環境 space environment】

宇宙環境という場合,そこに含まれる範囲は非常に広くかつ多岐にわたるが,ここでは宇宙開発に関連して,人工衛星宇宙船が受ける環境に焦点を絞って説明する。
[人工衛星と宇宙環境
 地球を周回する人工衛星では大気の密度が重要な要素である。高度約80km以下の大気は,地上から上空へいくに従って,対流圏(高度約10kmまで),成層圏(10~50km)および中間圏(50~80km)と呼ばれている。大気の密度は高度に対して指数関数を近似式とするように減じ,高度約100kmの大気密度は地上の大気密度の約10-6である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宇宙環境の関連キーワードアコニチン視野其処其処其処な無機質アミノ酸残基アピゲニン工業用寒天コンニャクコンニャクイモ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宇宙環境の関連情報