コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャロレー シャロレー 〈フランス〉charolais

3件 の用語解説(シャロレーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

シャロレー(〈フランス〉charolais)

家畜の牛の一品種。フランスシャロレー地方の原産の肉用種。発育が早く大形で、肉は脂肪が少なく赤身が多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

シャロレー【charolais】

ウシの一品種。フランス、シャロレー州原産。体は大きく雄は体重1200キログラムに達する。肉用種で、脂肪が比較的少ない。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャロレー
しゃろれー
Charolais

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。家畜ウシの肉用品種で、フランス中部の高地であるシャロレー地方の原産。ローマ人がもたらした役用牛を改良したもので、その成立は古い歴史をもつ。1887年から登録が開始されている。毛色は乳白単色を呈し、有角。体格は大形で四肢は長く、体積は豊かである。体重は雌700キログラム、雄1200キログラム、体高は雌1.38メートル、雄1.5メートル。早熟早肥で筋肉の発達がよく、1日増体量1.3キログラム、脂肪分が少なく赤肉が多い。難産率がやや高いといわれる。各国で赤肉生産を目的とした改良が行われ、その交雑用品種として利用されている。日本には1963年(昭和38)から輸入され、65年以降北海道へ導入され飼育されている。[西田恂子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャロレーの関連キーワードエアシャー朝鮮牛黄牛ガーンジー瘤牛ブラウンスイスホルスタインメリノシャローズ種 (Chalosse)ボルドー風

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シャロレーの関連情報