コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャンリン(杉嶺)山脈 シャンリンさんみゃくShan ling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャンリン(杉嶺)山脈
シャンリンさんみゃく
Shan ling

中国南東部,フーチエン (福建) 省とチヤンシー (江西) 省との省境付近にある北東から南西方向の山脈ウーイーシャン (武夷山) 山脈の北部にあたるが,地勢は最もけわしく,標高 1000~1500mで,最高峰のホワンカン (黄崗) 山 (2158m) もここにある。花崗岩と流紋岩から成る。スギ類の繁茂することが山名の由来で,ターシャンリン (大杉嶺) 山脈とも呼ばれる。用材,竹材のほか茶,シイタケ,たけのこ,漢方薬材が豊富。特に南麓のウーイーシャン市で栽培されるウーイーイエン (武夷岩) 茶が名高い。石炭,砂金,水銀,石墨,石膏など鉱物資源も多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シャンリン(杉嶺)山脈の関連キーワードウーイーシャン(武夷山)山脈ナンピン(南平)地区

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android