コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャンリン(杉嶺)山脈 シャンリンさんみゃくShan ling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャンリン(杉嶺)山脈
シャンリンさんみゃく
Shan ling

中国南東部,フーチエン (福建) 省とチヤンシー (江西) 省との省境付近にある北東から南西方向の山脈ウーイーシャン (武夷山) 山脈の北部にあたるが,地勢は最もけわしく,標高 1000~1500mで,最高峰のホワンカン (黄崗) 山 (2158m) もここにある。花崗岩と流紋岩から成る。スギ類の繁茂することが山名の由来で,ターシャンリン (大杉嶺) 山脈とも呼ばれる。用材,竹材のほか茶,シイタケ,たけのこ,漢方薬材が豊富。特に南麓のウーイーシャン市で栽培されるウーイーイエン (武夷岩) 茶が名高い。石炭,砂金,水銀,石墨,石膏など鉱物資源も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シャンリン(杉嶺)山脈の関連キーワードウーイーシャン(武夷山)山脈ナンピン(南平)地区

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android