コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャー・ワリー・ウッラー Shāh Walī Allāh

1件 の用語解説(シャー・ワリー・ウッラーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シャー・ワリー・ウッラー【Shāh Walī Allāh】

1703‐62
インドイスラム思想家。デリーに生まれ,父は有名なスーフィーの学者。彼の生涯は,ムガル帝国の崩壊の時期にあたっていた。30歳前後のころ,メッカメディナで,イスラム神学・法学を学び,帰国後,一般ムスリムへの教育にあたり,ヒンドゥー教の影響を受けたムスリムの間の社会慣習の改革を訴えた。彼はイスラムの思想の浄化を目ざしたが,単に,イスラム神学・宗教思想の面にとどまらず,当時の社会体制にまで批判を向けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

シャー・ワリー・ウッラーの関連キーワード小野寺十内竹本座近松門左衛門(ちかまつもんざえもん)元禄地震近松門左衛門県内の津波予測ウェスリーウォリス元禄地震紫家七論

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone