シャー・ワリー・ウッラー(英語表記)Shāh Walī Allāh

世界大百科事典 第2版の解説

シャー・ワリー・ウッラー【Shāh Walī Allāh】

1703‐62
インドのイスラム思想家。デリーに生まれ,父は有名なスーフィー学者。彼の生涯は,ムガル帝国の崩壊の時期にあたっていた。30歳前後のころ,メッカ,メディナで,イスラム神学法学を学び,帰国後,一般ムスリムへの教育にあたり,ヒンドゥー教の影響を受けたムスリムの間の社会慣習の改革を訴えた。彼はイスラムの思想の浄化を目ざしたが,単に,イスラム神学・宗教思想の面にとどまらず,当時の社会体制にまで批判を向けた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android