シュエモードーパゴダ(英語表記)Shwemawdaw Pagoda

デジタル大辞泉の解説

シュエモードー‐パゴダ(Shwemawdaw Pagoda)

ミャンマー南部の古都バゴーにある仏教寺院。10世紀前後の建立とされ、釈迦(しゃか)の遺髪を納めるために建てられた仏塔を起源とする。地震による倒壊と再建を経て、現在は高さ114メートルの巨大な仏塔となった。シュエモードーパヤー
ミャンマー南部の都市パテインにある仏教寺院。紀元前305年、マウリヤ朝アショカ王が建立したとされる。高さ約46メートルの黄金の仏塔があり、その頂部はダイヤモンドやルビーなどをふんだんに用いた装飾が施されている。市街中心部に位置し、パテインのシンボルとして知られる。シュエモードーパヤー。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android