コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュタイヘン Steichen, Michael

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュタイヘン
Steichen, Michael

[生]1857. デュドランジュ
[没]1929.7.26. 東京
明治中期~大正末期に活躍した外人宣教師。初め実業家を志し,ロンドンに留学中の 22歳の頃,宣教師になることを決意。パリ外国宣教会神学校に入学。 1886年司祭に叙せられ日本布教に出発。翌年日本に着き,岩手県盛岡教会を振出しに各地で司牧し,1918年築地神学校長となる。布教活動とともに,12年1月以来,日本におけるカトリック雑誌『声』の主幹。筆名,赤石捨四郎,須田井飛燕など多数。 A.ビリオンとともに日本のキリシタン研究で名高く,それまでの論文をまとめて,03年立教学院から『キリシタン大名記』 The Chrisitian Daimyos: A Century of Religious and Political History of Japan1549~1650を出版,翌年これを訂正増補して香港からフランス語で出版,そのほか『1637~1638の島原の乱』 (1898) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シュタイヘンの関連キーワードグローバルアドレスコンモドゥスサブネットマスクインドの大反乱ケクレ健康余命サブネットマスク静的IPマスカレード田中卓志ギガ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android