シュッペ(英語表記)Schuppe, Wilhelm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュッペ
Schuppe, Wilhelm

[生]1836.5.5. ブリーク
[没]1913.3.29. ブレスラウ(現ポーランド,ウロツワフ)
ドイツの哲学者。 1873~1910年グライフスワルト大学教授。内在哲学の代表者。主著『認識論と論理学』 Grundriss der Erkenntnistheorie und Logik (1894) ,『内在哲学』 Die immanente Philosophie (97) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android