コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュッペ Schuppe, Wilhelm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュッペ
Schuppe, Wilhelm

[生]1836.5.5. ブリーク
[没]1913.3.29. ブレスラウ(現ポーランド,ウロツワフ)
ドイツの哲学者。 1873~1910年グライフスワルト大学教授。内在哲学の代表者。主著『認識論と論理学』 Grundriss der Erkenntnistheorie und Logik (1894) ,『内在哲学』 Die immanente Philosophie (97) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シュッペの関連キーワードビュヒナー(Karl Georg Büchner)郡内騒動天保の飢饉タルカットニコライハウスフォスターニコライ森次左衛門渡辺政香

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android