コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュツットガルト罪責宣言 シュツットガルトざいせきせんげんStuttgarter Schuldbekenntnis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュツットガルト罪責宣言
シュツットガルトざいせきせんげん
Stuttgarter Schuldbekenntnis

1945年 10月 18~19日,西ドイツのシュツットガルトで,T.ブルム主教を議長として開かれたドイツ福音主義教会 EKD (第2次世界大戦後結成されたドイツ・プロテスタント領邦諸教会の連合) の評議会において,当時結成中の世界教会協議会 WCC総幹事,アメリカ,フランス,オランダ,イギリス,スイスのプロテスタント教会代表などを前に EKDが行なった宣言。ナチス台頭に対するベルサイユ条約機構の責任を指摘しながらも,占領地でのドイツ軍の残虐行為,ドイツ,ポーランドにおけるユダヤ人大量虐殺を認め,これに対するドイツ・キリスト者の連帯責任とナチス政権下で信仰と祈りの足りなかったことを自己批判した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シュツットガルト罪責宣言の関連キーワード原子爆弾投下対日占領政策ミネリ(Vincente Minnelli)内閣総理大臣ディープ・パープルドイツ問題ホロウェイリーン石川第2次世界大戦

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android