シュティリアルテ

デジタル大辞泉プラスの解説

シュティリアルテ

オーストリア、シュタイアーマルク州のグラーツで夏に開催される音楽祭。1985年、同市出身の指揮者ニコラウス・アーノンクールが中心となり創設。古楽を主に取り上げる。「シュティリアルテ」はシュタイアーマルクを指すラテン語の「styria」と、イタリア語で芸術を意味する「arte」を組み合わせた造語。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android