コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュタイアーマルク Steiermark

世界大百科事典 第2版の解説

シュタイアーマルク【Steiermark】

オーストリア中南部の州。面積1万6387km2,人口120万8000(1995)。住民の主流はゲルマン系のバイエルン人で,宗教上は90%がカトリック系。州都グラーツ。北部はアルプスの南東の尾根を形づくる多くの山脈と渓谷から成る。南部はハンガリー平原につながる丘陵地帯で,〈緑の州〉と通称されるように,総面積の51%が森林,26%が牧野で,林業,畜産が栄える。古来この地方の開発は豊富な鉱産資源に負うところが多く,全国産出高の90%を占めるエルツベルクの鉄鉱石をはじめ,各地で褐炭マグネサイト黒鉛滑石,セッコウを産する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュタイアーマルク
しゅたいあーまるく
Steiermark

オーストリア南東部にあり、スロベニアに接する州。英語名スティリアStyria。面積1万6388平方キロメートル、人口118万5911(2001)。面積は同国第2位、人口も第4位を占める大きな州である。州都はグラーツ。州の4分の3は山地で、その大部分は森林に覆われるので、「グリューネ・マルク」Grne Mark(緑の州)とよばれる。80万ヘクタールに及ぶ森林面積は全国第1位で、製紙・木材加工業が盛んである。農業は牧畜が重要で、農家収入の4分の3はこれによっている。しかしこの州の特色は、全国の94%の産出をもつ鉄鉱石をはじめとする鉱産物と、これに基礎を置く鉄鋼業、機械工業にある。鉄鋼業はレオーベン・ドナウィツ、カッペンベルク、ミュルツツーシュラークで盛んである。[前島郁雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシュタイアーマルクの言及

【グラーツ】より

…オーストリア南東部,シュタイアーマルク州の州都。人口23万8000(1991)。…

※「シュタイアーマルク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

シュタイアーマルクの関連キーワードグラーツ市歴史地区とエッゲンベルグ城ブルック・アン・デア・ムールグンドゥラ ヤノヴィッツオーバーエスターライヒ州エルフリーデ イェリネクペーター ローゼッガーマクシミリアン(1世)ザルツカンマーグートシルヒャーワイン街道ダハシュタイン山地ザルツブルク[州]マルリース シルトオタカル[2世]オタカル(2世)ルドルフ[1世]シュティリアルテテーゲットホフハプスブルク家アイゼンエルツマリアツェル

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android