コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュタイアーマルク州 シュタイアーマルクSteiermark

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュタイアーマルク〔州〕
シュタイアーマルク
Steiermark

オーストリア南東部,スロベニアと国境を接する州。州都グラーツオーストリア第2の都市。北部はアルプス山脈の南東端を形成する多くの山脈と谷から成る。南部はハンガリー盆地へ続く丘陵地。森林が多く「緑のシュタイアー」と呼ばれる。石器時代から人類が居住し,ローマ時代にはケルト人の王国があった。8世紀頃,フランク王国の辺境領 (マルク) が設けられた。歴史的にスラブの影響も強かったが,人種的にはゲルマン系で,90%がカトリック人口の 40%がコムギトウモロコシの栽培,牧畜などに従事。鉱工業も重要で,鉄,褐炭マグネシウムなどを産し,ムール河谷のグラーツ,レオーベンなどに重工業が発達する。面積1万 6388km2。人口 118万 4593 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シュタイアーマルク州の関連キーワードグラーツ市歴史地区とエッゲンベルグ城ブルック・アン・デア・ムールオーバーエスターライヒ州エルフリーデ イェリネクグンドゥラ ヤノヴィッツペーター ローゼッガーシルヒャーワイン街道マルリース シルトシュティリアルテアイゼンエルツローゼッガーマリアツェルゼメリング峠イェリネクムール川

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android