シュテファン大聖堂(読み)シュテファンダイセイドウ

デジタル大辞泉の解説

シュテファン‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【シュテファン大聖堂】

Stephansdom》オーストリアの首都、ウィーンの旧市街中心部にある同国を代表するゴシック様式の大聖堂。12世紀の創建。13世紀に火災で倒壊し、ロマネスク様式で再建。14世紀から15世紀にかけて、内陣や身廊(しんろう)ゴシック様式に改築された。正面入口部分にのみロマネスク様式が残る。ウィーン大司教区のカテドラル(司教座聖堂)で、地下にはカタコンブがある。2001年に世界遺産(文化遺産)に登録された「ウィーン歴史地区」の中心的な歴史的建造物。市民には愛称でシュテッフルともよばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシュテファン大聖堂の言及

【ウィーン大聖堂】より

…オーストリアの首都ウィーンにある後期ゴシック様式の大聖堂。正称はシュテファンスドーム(シュテファン大聖堂)。14世紀初頭からロマネスク期の建物を逐次改築,身廊は1450年に完成。…

※「シュテファン大聖堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android