コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュテラー Georg Wilhelm Steller

1件 の用語解説(シュテラーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シュテラー【Georg Wilhelm Steller】

1709‐46
ドイツの博物学者。フランコニア王国(ドイツ,マイン川地方の公爵領)に生まれた。25歳の時にペテルブルグに移り,1737年に科学アカデミーの助手となった。その後,ロシア皇帝ピョートル1世の勅命により組織された第2回カムチャツカ探検隊の一員としてカムチャツカ半島の調査に赴き,そこで出会ったV.ベーリングとともに,41‐42年,今日のアレウト列島からアラスカ沿岸地域を探検した。42‐43年には再度カムチャツカで原住民動植物などの調査を行い,ペテルブルグへの帰途,チュメニで病死した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のシュテラーの言及

【オオワシ(大鷲)】より

…数が少なく,美しい巨大なワシなので,欧米の動物園では珍重される。英名は,ベーリング海付近の博物誌を著したドイツ生れの博物学者シュテラーG.W.Steller(1709‐46)の名にちなむ。天然記念物。…

【オオワシ(大鷲)】より

…数が少なく,美しい巨大なワシなので,欧米の動物園では珍重される。英名は,ベーリング海付近の博物誌を著したドイツ生れの博物学者シュテラーG.W.Steller(1709‐46)の名にちなむ。天然記念物。…

【クラシェニンニコフ】より

…モスクワのスラブ・ギリシア・ラテン学院,ついでペテルブルグ大学で学び,1733‐43年ベーリングを長とする第2次カムチャツカ探検隊に加わった。1733‐36年のシベリア調査では,ドイツ出身の学者グメリンJ.Gmelin,ミュラーG.Müllerに師事,37‐41年には単独でカムチャツカ半島の自然と住民を調査し,その成果とドイツ出身の博物学者シュテラーの調査資料を合わせて《カムチャツカ誌Opisanie zemli Kamchatki》(1755)を著した。本書はカムチャツカの地理,およびイテリメン族の習俗・言語に関する最初の報告書として知られ,その内容の一部は,オランダ語訳を通じて,江戸時代の蘭学者前野良沢によって《柬察加志》(1790。…

【シベリア探検】より

…1732年1月17日付けの勅令による第2次探検隊では,アメリカ大陸および日本への航海だけでなく,シベリア内陸部の自然と住民を研究するための調査班が編成された。これにはドイツからミュラーGerard Friedrich Müller(1705‐83),グメリンJohann Georg Gmelin(1709‐55),シュテラー,I.フィッシャー,フランスからL.ド・リル,スウェーデンからJ.I.リンデナウらのほか,クラシェニンニコフら多くのロシア人が参加した。ミュラーの《シベリア史》(1750),グメリンの《シベリアの旅》(4巻,1751‐52),シュテラーの《カムチャツカ誌》(1774),クラシェニンニコフの《カムチャツカ誌》(2巻,1755)などの名著が刊行された。…

※「シュテラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

シュテラーの関連キーワード徳川家宣徳川綱吉元禄時代東山天皇徳川綱吉東山天皇徳川綱吉東山天皇円明園笈の小文

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シュテラーの関連情報