真子(読み)マコ

デジタル大辞泉の解説

ま‐こ【真子】

魚類の腹にある卵。白子(しらこ)に対していう。
妻子を親しみ、いつくしんでいう語。
「大君の命(みこと)かしこみ愛(うつく)しけ―が手離(はな)り島伝ひ行く」〈・四四一四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まこ【真子】

〔「ま」は接頭語〕
子供や妻を親しみいつくしんでいう語。 「愛うつくしけ-が手離り島伝ひ行く/万葉集 4414

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐し【真子】

〘名〙 血をわけた本当の子。実子
※円照上人行状(1302)「厥之真子有厳寛得業」 〔呂氏春秋‐慎行論・疑似〕

ま‐こ【真子】

〘名〙
① (「ま」は接頭語) 子どもまたは妻・恋人を親しみいつくしんでいう語。よい子。いとしご。まなご。
※播磨風土記(715頃)揖保「資(つかひびと)に己が真子(まこ)を上らむとして」
② 魚類の腹にある卵塊。白子(しらこ)に対していう。〔慶応再版英和対訳辞書(1867)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の真子の言及

【白子】より

…魚類の精巣の通称で,卵巣を真子(まこ)というのに対する語。一般に味のよいものではなく,多くは肥料にされる。…

※「真子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真子の関連情報