コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュテンゲル Stengel, Hermann von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュテンゲル
Stengel, Hermann von

[生]1832.7.19. シュパイエル
[没]1919.5.4. ミュンヘン
ドイツの政治家。国家学,財政学を修めたのち,バイエルン官界に入り,1876年以降大蔵省の参議官,81年からはその財務の手腕を買われてドイツ連邦参議院におけるバイエルン政府代表となる。 1903年8月,帝国蔵相に抜擢されると,皇帝の海軍増強政策をまかなうための財政改革案を立て,従来もっぱら間接税に頼っていた帝国財政を,相続税の導入によって補強しようと努めたが,議会の抵抗もあって十分な効果をあげるにいたらず,08年に退官した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シュテンゲルの関連キーワードハモンドハモンドアービング(Washington Irving)バルザックジョン・L.L.B. ハモンド十二の練習曲雪華図説ヘンリーアーノルドキオソーネ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android