コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュトゥットガルト室内合奏団 シュトゥットガルトしつないがっそうだんStuttgarter Kammerorchester

世界大百科事典 第2版の解説

シュトゥットガルトしつないがっそうだん【シュトゥットガルト室内合奏団 Stuttgarter Kammerorchester】

1945年,K.ミュンヒンガーが組織したドイツの合奏団,彼は指揮を担当する。今日のバロック・ブームの先駆をなし,ビバルディの《四季》の演奏は同楽団の名声を高めた。弦楽器奏者のみで発足したこともあり,弦楽の緻密で重厚な響きには定評があり,その演奏は深い精神性と格調の高さを見せる。代表的なレパートリーはバッハの《音楽の捧げもの》や《ブランデンブルク協奏曲》などである。【西原 稔】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のシュトゥットガルト室内合奏団の言及

【ミュンヒンガー】より

…41‐43年ハノーファー交響楽団の指揮者。45年シュトゥットガルト室内合奏団を創設し,さらに66年,シュトゥットガルト古典フィルハーモニー管弦楽団を創設。とくにJ.S.バッハの演奏を得意とし,戦後のバロック音楽再評価において大きな影響力をもった。…

※「シュトゥットガルト室内合奏団」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シュトゥットガルト室内合奏団の関連キーワードミュンヒンガー